パートタイマーの適用

雇用保険の手引

by Tobuki

パートタイマーとは

ここでいうパートタイマーとは、その事業所で、フルタイムと呼ばれる者以外の者をいいます。

つまり、時間給であっても、いわゆる正社員と同じ時間勤務する者については、フルタイム労働者ということになります。逆にいえば、月給であっても、時間の短い勤務の労働者は、パートタイマーということです。

また、収入・所得の多寡については、一切関係ありません。

パートタイマーの雇用保険適用

次の適用基準のいずれにも該当するときは、雇用保険の被保険者となります。

  1. 1年以上引き続き雇用されることが見込まれる
  2. 1週間の所定労働時間が20時間以上である
  3. 労働時間、賃金、その他の労働条件が就業規則、雇用契約書、雇入通知書等に明確に定められている

1.については、期間の定めがなく雇用される場合、雇用期間が1年である場合、3か月や6か月など短期雇用であるが雇用契約においてその更新規定が設けられている場合(1年未満の雇止規定がある場合を除く)、3か月や6か月など短期雇用であるが契約を1年以上にわたって反復更新することが見込まれる場合(当初の雇入時には1年以上反復して雇用されることが見込まれなかったが、その後、1年以上反復して雇用されることが見込まれることとなった場合には、その時点から雇用保険が適用)等が該当します。

パートタイマーの区分

なお、雇用保険が適用となるパートタイマーは、

  1. 週所定労働時間が30時間以上であれば、短時間労働被保険者以外の被保険者
  2. 週所定労働時間が30時間未満であれば、短時間労働被保険者である被保険者

となります。

(2006.2.6)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP