業務災害の認定事例

労災保険の手引

by Tobuki

業務上かどうかの具体的判断は、その状況によります。

社内運動会

運動競技会など社内行事での事故については、次の全てが満たされていれば、通常、業務上と判断されます。

  1. 事業主が主催する
  2. 定期的に実施される
  3. 労働者を参加させることが、労働管理のために効果があると認められる
  4. 業務命令による全員参加が建前である
  5. 出場については通常どおりの出勤と同様に扱われ、出場しない者には何らかの措置がとられる
  6. 当日の賃金が支払われる

接待

次の基準から業務遂行性が判断されます。付き合い程度の場合は認められません。

  1. 会社と取引先の取引状況
  2. これまでの接待の慣行
  3. 業務命令の態様
  4. 経費の負担などを考慮し、接待の必要性や接待をする格別の理由が存在するかどうか

第三者の暴力

たとえ業務に関連している場合であっても、直接の原因は「他人の故意」にあるため、一般的には業務起因性はありません。もちろん、個人的なうらみによる暴力による災害については、認められません。

ただし、災害の原因が業務にあって、その災害との間に相当因果関係が認められる場合は、業務起因性が認められる場合があります。

工事反対の地域住民から暴行を受けた場合に、終始無抵抗であった場合は業務上災害として認められます。ただし、口論のすえの喧嘩には認められません。

内定学生

実務に就く前の研修中の内定者であっても、労働契約関係にあるとみなされる場合があります。賃金支払の有無も労働者性からいえば大きな判断基準となります。なお、事故が予測される実習などの場合には、当然、使用者には安全配慮義務があり、責任を負うことになります。

帰宅後の仕事

実際に証明するのは簡単ではありませんが、自宅での仕事時間、内容、量等を勘案して、労災認定される可能性はもちろんあります。

本来の業務以外

取引先で本来の業務以外の業務をしたとき、次のような場合は、業務災害と認められます。

  1. 本来の業務でないものについても、事業主の業務命令があった場合
  2. 本来の業務でもなく、業務命令もないが、取引先との契約中にその業務が含まれる場合
  3. 本来の業務でもなく、業務命令もなく、取引先との契約中にもその業務が含まれない場合でも、取引先からの指示・依頼があった場合

なお、親切心から取引先の仕事を手伝ったというような場合は、業務災害とは認められません。

出張中の宴会

出張中は、広く業務遂行性・業務起因性が認められます。

出張の際に、懇親の目的で宴会など飲食行為を行うことがありますが、これも一般的には業務に通常伴うものとされています。よって、これと関連して事故が発生した場合には、業務災害と認められる可能性があります。

もちろん、著しい逸脱行為や、業務との関連が全くない私的行為は認められません。

大分労基署長(大分放送)事件 福岡高裁 H5.4.28
出張先で業務終了後、同行者と飲酒を伴う夕食をとった後、宿泊施設内で転倒し、4週間後に急性硬膜外血腫で死亡した。福岡高裁は、「業務とまったく関連のない私的行為や恣意的行為ないし業務遂行から逸脱した行為によって自ら招来した事故」ではないので、業務起因性は否定できないと判断した。

業務災害と認定された例

  1. 作業中にトイレに行く途中の事故
  2. 断崖絶壁の石切現場で、水汲みに行って転落したことによる負傷
  3. 風で飛ばされた帽子を拾おうとして、反射的に飛び出し、自動車にはねられた交通事故
  4. 負傷した同僚労働者の付添いとして、自動車で病院に行く途中の交通事故
  5. 事業主の提供する専用の通勤バスの交通事故
  6. 事業場の給食による食中毒
  7. 暴風雨により労働者宿舎が流出したことによる負傷
  8. 出張先のホテルで、就寝中に火事で焼死
  9. 自宅から自動車で出張先へ行く途中の事故
  10. 突発事故のため、使用者の呼び出しを受けて休日出勤する途中の事故

業務災害と認定されなかった例

  1. 泥酔してトラックから転落した運転手の事故
  2. 顔見知りの他人に自動車を運転させて生じた事故
  3. 夕食のため外出し、工事現場に戻る途中に生じた事故

(2005.9.5)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP