労災保険給付の概要

労災保険の手引

by Tobuki

業務上および通勤途上の傷病は、労災保険給付の対象です。労災保険給付には、次のようなものがあります。

給付の種類内容
療養(補償)給付治療そのもの(治療費)
休業(補償)給付所得補償
傷病(補償)給付所得補償
障害(補償)給付後遺症に対する年金・一時金
介護(補償)給付介護費用
遺族(補償)給付遺族に対する年金・一時金
葬祭料・葬祭給付葬祭費用
二次健康診断等給付予防のため

業務災害については、労働基準法における災害補償を基礎とした給付であるため、補償という文字が使われます。業務上の災害に関する給付は、療養補償給付、休業補償給付・・・となります。他方、通勤災害については、労働基準法の災害補償を基礎とするものではないので、補償という文字が使われません。療養給付、休業給付・・・となります。

労災保険の付加給付として、特別支給金制度もありますが、これは法に定められた労働福祉事業として行われます。

(2005.9.10)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP