特別加入

労災保険の手引

by Tobuki

労災保険の適用は、原則として労働基準法上の労働者です。しかし、一定の者に対しては、業務の実情や災害の発生状況などから、特に労働者に準じて保護することが適当であるとして、加入が認められています。これを労災保険の特別加入といい、加入自体は、任意です。

特別加入の種類

対象
第1種特別加入者中小事業主及び労働者以外でその事業に従事する者
第2種特別加入者労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する者
第3種特別加入者国際協力事業団、国内事業(有期事業を除く)から海外の事業へ派遣される者

第1、2種特別加入者については、事業主組合や同職種団体等において労働保険事務を行うことが適当と認められた団体(労働保険事務組合)への事務委託が、特別加入するために必要です。

第1種特別加入者の中小事業

中小事業とは、次の規模の事業をいいます。

  1. 卸売・サービス業は、常時使用する労働者が100人以下
  2. 小売業は、常時使用する労働者が50人以下
  3. その他の業種は、常時使用する労働者が300人以下

第2種特別加入者の一人親方その他の自営業者

一人親方その他の自営業者について、業種としては次のものが該当します。

  1. 自動車を使用して行う旅客又は貨物運送の事業
  2. 建設業(大工、左官、とび、石工など)
  3. 漁船による水産動植物の採捕の事業
  4. 林業
  5. 医薬品の配置販売
  6. 再生利用を目的とした古紙、古繊維、金属くず、ガラスくず、空容器等の回収、運搬、選別、解体、集荷等の事業

給付基礎日額

第1、2種特別加入者は、労働者ではないため、賃金がありません。第3種特別加入者についても国内事業所から賃金がないため、労災保険上の賃金がありません。そこで、特別加入者の給付基礎日額は、希望する次のいずれかの額(所得水準等に見合っていることが必要)となります。

20,000円 18,000円 16,000円 14,000円 12,000円 10,000円
9,000円 8,000円 7,000円 6,000円 5,000円 4,000円 3,500円
3,000円 2,500円 2,000円(3,000〜2,000円は、家内労働者等に限る。)

なお、特別加入者の保険料は、次のとおりです。年度途中の加入や脱退は、月単位(1か月未満は切上げ)で算出します。

保険料=(給付基礎日額×365日)×労災保険料率

給付の内容

特別加入者の給付も、原則として労働者と同じです。業務災害や通勤災害の認定についても同様です。

第1、2種特別加入者について

第1、2種特別加入者は、加入時に労働者とみなす業務(事業主としての業務行為は含まれない。)をあらかじめ特定します。特定した業務及びその付帯業務の範囲内で都道府県労働局長が定める基準に従って認定されます。また、第2種特別加入者については、業務の種類ごとに業務範囲が決められています。

通勤災害について

次の業務に従事する特別加入者については、通勤災害の保護の対象となっていません。

  1. 個人タクシー業者及び個人貨物運送業者
  2. 漁船による自営業者

賞与を基礎にした給付

特別加入者には、賞与を基礎とした算定基礎日額はありません。そのため、労働福祉事業からの特別年金はありません。

支給制限について

災害が特別加入者の故意又は重大な過失によって発生した場合、保険料の滞納期間中に生じた場合には、全部又は一部の支給制限が行われることがあります。

健康診断

第1、2種の特別加入申請を行う際には、健康診断受診の必要がある場合があります。

業務の種類特別加入前に
当該業務に従事した通算
実施健康診断
粉じん作業を行う業務3年じん肺健康診断
振動工具使用の業務1年振動障害健康診断
鉛業務6か月鉛中毒健康診断
有機溶剤業務6か月有機溶剤中毒健康診断

健康診断の結果、次の場合には特別加入が制限されます。

  1. 既に疾病にかかっており、一般的に就業することが困難であり、療養に専念しなければならないと認められる場合には、特別加入自体が認められない。
  2. 症状・障害が当該業務からの転換を必要とすると認められる場合には、当該業務以外の業務についてのみ特別加入が認められる。

特別加入を申請する団体の所轄労働基準監督署が指示した診断実施機関で健康診断(健康診断費用は国が負担)を受け、その結果を労働基準監督署に提出することになります。

(2005.10.3)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP