労働組合の作り方(準備)

労働組合の作り方

by Tobuki

結成準備会の発足

職場の労働条件を改善したいと希望する者が集って、労働組合の結成準備会が発足します。準備が不十分だと、せっかく結成された労働組合もごたごたがでてきて、上手くいかない事があります。準備会のメンバーの役割が決まったら、次のような準備をしながら、労働組合結成大会に進んでいくことになります。

全体会議

進行状況の把握、方針決定、要求案・規約案の決定、結成大会の準備等

学習

学習会の実施、規約案の作成等

組織化

組合員募集の計画立案、組合加入の呼びかけ・促進

調査

資料収集、情報整理、要求の取りまとめ、関係団体や労働相談情報センターへの相談等

その他の活動

主な準備活動は上記のとおりですが、次のような事柄も考慮すべきといえます。

  1. 職場の実態把握
    職場の労働条件の実態把握(賃金・労働時間制度・休暇の取得状況・残業時間など)は必要不可欠です。さらに世間一般の相場がどうであるかを調べます。これは要求を決定する際の基礎的な資料であるとともに、団体交渉における説得性のある重要な材料になります。他に、従業員構成、従業員の意識、企業内の人間関係、企業業績と今後の動向、会社の経営方針、役職者の職務とその人柄(同族経営の場合はその実態)等を調べておくことが必要です。
  2. 労働法(労働基準法・労働組合法)に関する基礎的知識の習得、学習会の実施
  3. 労働相談情報センター、労働基準監督署、労働委員会等、労働関係行政機関の活用
  4. 組合規約案の作成準備

(2008.4.12)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP