さまざまな労働組合

労働組合の作り方

by Tobuki

日本では、企業別組合が一般的です。しかし、労働組合にはこの他にも様々なものがあります。

組合員範囲による種別

  1. 職業別組合
    同一の職種・職業に従事する労働者(例えば、印刷工、機械工、看護婦、教員等)が、所属する企業・団体を超えて組織
  2. 産業別組合
    労働者の熟練度や職種・職業を問わず、同一の産業(化学工業、鉄鋼業、自動車製造業等)に従事する労働者が組織する横断的組合
  3. 一般労働組合
    労働者であれば、所属企業や職種、職業のいかんを問わず加入できる労働組合
  4. 企業別組合
    特定の企業に所属する労働者が、職種の区別なく組織する労働組合
  5. 合同労組
    一般労働組合の一形態。中小企業で働く、または働くものと考えられる労働者が、一定の地域において、超経営的に、職業・産業・職種にかかわりなく組織する労働組合

組合構成員による種別

  1. 単位組織組合
    構成員が個人。内部に独自活動を行える下部組織がなし
  2. 単一組織組合
    規約上、労働者の個人加入の形式をとり、かつ、その内部に独自の活動を行い得る下部組織(支部等)がある組合
    本部 最上部
    連合扱組合 本部と単位組合の中間組織
    単位扱組合 独自の活動を行い得る体制を備えている最下部組織
  3. 連合体組織
    同一の企業、産業、地域等の範囲内の複数の単位組織組合、単一組織組合等を構成員とする組織で、構成員が当該組織に団体加盟の形式をとっている。 その機関の決定が加盟組合を拘束し得る。
  4. 協議体組織
    連合体組織と同じだが、加盟組合の連絡、相互援助等を目的とするにとどまり、機関決定により加盟組合を拘束することはない。

(2008.4.12)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP