ピケッティング

労働組合の作り方

by Tobuki

ピケッティング

ピケッティングは、争議行為の参加者が、

  1. 組合員の脱落の防止
  2. スト破りの雇入阻止
  3. 原材料の入荷・製品の出荷の阻止、顧客等の出入の阻止

を主たる目的として、職場付近で見張りをし、組合員および使用者・非組合員・顧客らの第三者に働きかける戦術です。

争議行為がなされても、使用者は業務の遂行を停止しなければならない義務はなく、操業を継続することができます。争議行為に参加しない労働者も、賃金請求権を失わないように、可能な限り労働力を提供しようとします。こうした状況下で争議行為を打ち抜くためには、争議参加者はピケッティングを張って、これを阻止しようとします。

平和的説得論

学説は、平和的説得を限度とする説(平和的説得論)と、ある程度の実力行使も許されるとする説(実力阻止容認論)に分かれています。 これに対し最高裁は一貫して平和的説得論の立場に立って、「使用者がなさんとする業務の遂行行為に対して暴力脅迫をもってこれを妨害するがごとき行為は、ストライキの本質とその手段方法を逸脱したものであって到底正当な争議行為とはいえない」(最高裁 S31.12.11)としています。こうしたことから、ピケッティングによって製品の出荷を阻止するケースでは、正当性の限界を超える違法な争議行為だと判断されることが多いようです。

職場占拠・生産管理

ストにより職場を占拠することについて、学説では、限定的合法説(部分的・併存的な職場占拠は正当だが、全面的排他的な職場占拠は正当性がない)が多数説となっています。最高裁も、「使用者の許諾がない以上、原則として(職場占拠は)許されず、争議行為としての正当性が認められない」と指摘しています(最高裁事務総局編 労働関係民事裁判例概観下巻124頁)。なお、タクシー会社やバス会社等において見られる、車輌・車検証あるいはエンジンキーを労働組合の占有に移し、使用者の操業を妨げる戦術については、学説・判例ともその正当性を否定しています。

(2008.4.12)

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP