夏の賞与(H18.4.7)

労務管理トピックス

by Tobuki

平成18年夏の賞与予測が早々と第一生命経済研究所から発表されました。民間企業の1人あたり支給額の予測は42万62円で、前年に比べ2.3%増加するとしています。これは、夏のボーナス2年連続増加との予測となります。「景気の回復を反映して民間企業ではボーナスの回復が鮮明になってくる。」とのことです。

社会保険労務士法人ながたに 年金事務所 法務局一覧 労災保険の手引 雇用保険の手引 労働社会保険便利帳 税務便利帳 児童手当の手引 労務管理トピックス 労働組合の作り方 ギターEXP